格安スマホの保証について


格安スマホの魅力は何と言ってもその価格です。

大手携帯電話会社が扱っている機種と比較した場合、性能の違いは多少ありますが3分の1以下で購入することが出来るということも珍しくはありません。



しかし、それが故に故障した時の修理費用が高くなる傾向にありました。

スマホは精密機器ですので、落下や水没により故障してしまう事があります。

大手携帯電話会社であれば、そのような故障に対して修理や交換をサポートするようなオプションが用意されています。

一方の格安スマホではこれまではそのような保証が用意されていないところがほとんどでした。

しかし、最近では保証オプションを提供するところも増えてきています。



格安スマホを契約する時の保証内容や費用については契約した会社によって異なりますので、あらかじめ確認するようにしましょう。



なお、格安スマホの端末のみを購入して通信会社と契約をした場合と端末とSIMカードの契約を同時に行った場合で対応が異なることもありますので、注意が必要でしょう。

端末の持ち込みでSIMカードの契約をした場合、オプションに加入してから実際に保証が有効になるまでは最長で2ヶ月程度の時間がかかることがあります。


この間に何らかの不具合が見られた場合でも保証を受けることが出来ません。


さらに、保証対象期間が設けられているところもあります。
保証対応期間を経過した後の故障や不具合は保証の対象とはなりませんので、気をつけましょう。