格安スマホに変えるべきなのか


三大キャリアだと月々8000円くらいかかる費用が格安スマホだと2000円になるのです。

月々6000円を節約出来れば、年間で72000円の節約になります。



しかしながら、格安スマホに変える人は、まだ少ないと考えます。



電話をほとんど使わず、連絡手段がラインやメールならば格安スマホに変える方が、明らかにお得です。不思議に思い、なぜ変える人が少ないのかと色々な人に聞いてみたところほとんどの人が面倒くさいからだと言うのです。
あと、安いと逆に信用度に欠けるというのです。

三大キャリアの場合、店舗を構え、人を雇い人件費や建物の減伽償却などがあり、どうしてもコストがかかってしまうのですが、格安スマホの場合は店舗は電気屋の一角とかを利用したり、人件費も抑えられています。
安いには安いなりの努力を企業はしているのです。
一番の変えない原因はやはり面倒くさいからではないかと思います。ラインも切り替えなければならないですし、電話番号も入れなおさなければなりません。

三大キャリアも努力をしていてプランを色々変更し、ユーザーに、お得になるプランに変えたとしても肝心のユーザーが店舗に相談に来てくれないと実際に現場のスタッフに聞いた事があります。
それによると5人に1人くらいは変えた方が得なのに、そのまま放置されているのが現状だといいます。



もう一度、料金を検討し、見直し、面倒くさいという理由だけで10年で72万という金額を損していいのだろうかと思います。